癒しご飯

日立の先の奥深い山の中に住むSさん宅でお昼を頂いて来ました。
月に一組だけ予約でお昼を受けています。

8年程前から時々伺っていましたが今年いっぱいで食事の予約はやめるとの連絡を頂き、
「行かなきゃ!」と急いで予約をお願いしました。
(何しろ山の上の集落なので冬になると雪で辿りつけないかも・・・と)

自給自足の生活をモットーとし、シンプルでありながら生活場の随所におしゃれゴコロがあり、
晴耕雨読という宮沢賢治のような潔い暮らし方を実践なさっています。

Sさん宅に行く目的は美味しい玄米食を頂くこともそうですが「自分をリセット」するため。
忙しさや物欲に支配された『こころ』を見つめなおし、軌道修正するのに最適なんです。

自分たちでつくったという家の中心にはノルウエーの薪ストーブが。 トナカイの絵が素敵。
e0175868_1758023.jpg

食事は玄米が中心の自然食でメニューのひとつひとつが手間のかかるもの。

ゴボウのポタージュ。 仕上げに入れた生姜汁が身体を温めてくれます。
e0175868_17595011.jpg

サーモンの酢漬けのサラダ。 レンコンやわかめなど様々な野菜が入ってました。
e0175868_1812935.jpg

手作りの味噌漬け豆腐、グルテンの煮物、ルッコラのおひたし、大根のあえもの、人参マリネなどなど。
e0175868_1831488.jpg

このあと秋鮭と野菜のレモン蒸しと玄米ご飯が出たのですが食べるのに夢中で撮り忘れました。
ごめんなさい。
デザートはアーモンドケーキ。このケーキ凄く美味でした。
e0175868_18163385.jpg

久しく手作りのケーキを食べていない私。、素朴なのにコクがあって感動!
こういうお菓子を少しだけというのも悪くないな~なんて思ってしまいました。

彼女の作る「ルバーブのタルト」も絶品です。 大好き!
(日立市内のアーリーバードという喫茶店で購入できるそうです)

特別にと、もう一品デザートを用意してくれてました。 (これも撮り忘れた・・)
抹茶と小豆のババロア。 葛と寒天、玄米水飴を使ったというババロアはなめらかで
優しい味。トッピングされた煮小豆と合って美味しかったです。

出される食事の殆んどはマクロビオティック系ですが厳密でなく自分たちの
身体が欲する自然食と捉えているそうです。
ケーキだけは生クリームやバターを少々使うとのこと。(ケーキらしい美味しさになる)

「きっとこんな暮らし、好きだろうな」と思って誘った友人はやはり凄い衝撃を受けたようで
物静かな彼女がいつになく興奮気味なのを見てニンマリ。(だよね~。私もそうだったもの)
彼女とS宅はわりと近いのでこれから良いお付き合いができるといいな~と思っています。

そして山のお楽しみもうひとつ(笑)
山野草をみつけたり、水辺を散策すること。
山歩きが趣味の3名はそれぞれ目的をみつけてガサゴソと山の中へ。(S宅のすぐ後ろが山です)
(洋服が植物の種だらけになり、大変なことに!!)
(イノシシの子供(ウリボウ)がいた!)

更科ショウマやトリカブト、シラネセンキュウの花を少々摘ませて頂きました。
e0175868_18401873.jpg

e0175868_1841011.jpg

トリカブトの花は図鑑と違ってまばらな感じ。濃い紫で綺麗です。(根に毒があるので注意)
e0175868_1842233.jpg


私はS宅の庭先のような土手の所でシダを採取。( 葉の裏に胞子がついてないタイプ)
(見ていた友人にすごい格好で取っていたねと言われました)
土手から2度ほど転げ落ちたけどしっかり皆の分まで収穫したのよ。 褒めて!

楽しかった~。     運転手のS様、お疲れ様でした&有難う。

来週も予定は目一杯。 24日はいよいよ『秋の酵素作り講習会』です。


参加予定の皆様、準備はいかがですか?
あけびや花梨、カラスウリなどは傷まなければ数日前に収穫しておいても良いそうです。
シイの実などはひとつかみを目安に。 様々な種類のものを入れると効果が高くなると言ってました。
材料集めが大変でしょうが「自分だけの酵素」を作る為に頑張ってくださいね。  
[PR]
by yume_reve | 2012-10-17 19:12 | 時々日記 | Comments(0)