旬の野菜

今日は薬膳講座でした。

季節の養生の大切なことは『旬のもの、地産地消、身土不二、一物全体』で食べること。
主にこれから訪れる『夏』の養生のお話でした。

夏は暑さを払う食べ物をとるのが良いとのことです。
胡瓜、西瓜、冬瓜、南瓜(南瓜の旬は夏と秋)香瓜(メロン)なども水分を外に出し、体の熱を冷まします。
意外だったのはうどんも良いそう。 何故なら小麦は身体を冷やすから。

他には夏の暑さに負けないように精のつく食べ物としてヌルヌルするものが良いとの話も。
スベリヒユも良いといってましたが・・・(湿疹や下痢にも効くそう。個人的にはあまり好きではないです)
明日もこの講座の特別講座が「水戸プラザホテル」であります。
薬膳コースを頂きながら先生のお話を聞くという「美味しいレッスン」(笑)
レシピ付きだそうなので楽しみです。

季節の旬のものを頂くのが一番身体に良いとのことなので今日は実家でもらった絹さやと
新玉ねぎを料理してみました。
絹さやと新玉ねぎの卵とじ(卵でとじる前です)
e0175868_21531563.jpg

新玉ねぎとじゃがいも、ベーコンのロースト。こんがり焼いて塩とオイルで頂きました。
e0175868_21544410.jpg

母が趣味で作る畑では毎日絹さややスナップえんどうが1キロもとれるとかで
時々送ってくれます
e0175868_2158742.jpg

手間と時間と送料かけてわざわざ送ってくれるのは申し訳ない。ホント、親は有難い存在ですね。
東京の妹や私の娘の所にもこうして手紙やお菓子なども一緒に。

50を過ぎてもまだ母にとっての私は面倒を見る存在の『娘』なんですね。感謝の言葉しかないです。
いつまでも元気で美味しい野菜を作り続けて欲しいと思っています。

実家のピョンも元気。
e0175868_2283495.jpg

パセリが大好きらしく、食べてるところを撮ろうとしたらカメラに迫ってきた~!!
ウサギのお口。(なんだか可愛いな~と思うのは私だけ?)
e0175868_22103981.jpg

[PR]
by yume_reve | 2012-05-28 22:16 | 時々日記 | Comments(0)