食べられる幸せ

昨日も訪ねてくれた友人と我が家でランチ。
メニューは身体にやさしい和食。

持病を持つ友人は食べられるものが制限されているのでちょっとかわいそう。
今は症状が落ち着いているらしく、少しなら食べても良いものが増えたとか。

お昼頃来ると言うので家にある材料で出来る「スープ鍋」をメインに。
玄米に小豆を入れて炊いた玄米ご飯、蓮根と人参のキンピラ、大根の葉の炒め物
茄子のからし漬け(真岡の友人作)こぶの佃煮、柿とリンゴ、春菊のサラダなど
野菜中心のメニューにしました。(デザートは茹で小豆とアイス)

スープ鍋とサラダが気に入った様子で作り方を聞かれました。
思いつきで作ったのでだいたいの作り方を教えましたが友人は料理人、
再現できるのではないかと思います。

料理の話をしながら食べていたので気付いた時にはすでに遅し・・。
写真を撮ることをすっかり忘れてしまっていました。

お土産にと玄米ご飯とオカズを少々持って帰って頂きましたが、夕方に電話があり
なんとコンビニで買い物をしている間に愛犬に全部食べられてしまったそう!

タッパーに入れて輪ゴムで止めて袋に入れたにも関わらず?!
しかも辛し昆布だけ(市販品)はちゃっかり残してあったとか。

何度会っても私に吼えるくせに私のご飯は食べるのね・・・。
(少しは愛想よくしなさいよと言いたいわ)

「せっかくの玄米なのに」と嘆いていたので「また炊いてあげるから」と
慰めて電話を切りました。

なんでも制限なく美味しいと食べられる幸せ。 有難いです。
誰もがそう言いますが「病気になって初めて健康のありがたさを知った」と言ってました。
これからずっと付き合わねばならない病なので自己管理が大変です。

ささやかな事が喜ばれる、こんなことも私の幸せのひとつ。
友人は褒め上手なので「ランチ限定でやったら」なんて言ってくれますが
作ることはできても経営者にはなれないのでムリ。(それに毎日はつらいかも)

お母さんが家族にご飯を作るようにその人を想って作る料理が私の理想です。
また、食べに来ればいいわ。

夜は息子のリクエストで胡桃のチュイールを作りました。 
サクサク軽くて珈琲に合います。
e0175868_17152929.jpg


今日はキッシュを作ってとまたリクエストが・・。
どうやらタルトやキッシュが嫌いなはずの息子が気に入った「キッシュ」みたいです。

う~ん、もうのんびりしたいんだけどな・・・。
(やる気にならないと上手く仕上がらないのを知っているので)

今日の天気はどんよりとした曇り空、こんな日は創作意欲は湧きませんのよ。
庭も晩秋の寂しい雰囲気。
e0175868_17425033.jpg

でも、寒さはまだゆるい気がします。
 
明日から12月。もう師走?。一年って早いですね。
残りのひと月も充実した一年だったと思えるように過ごしたいです。
[PR]
by yume_reve | 2011-11-30 17:56 | 時々日記 | Comments(0)