<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

おうちでランチ

今日は友人を招いて一緒にご飯をいただきました。
彼女のあまり思わしくなかった体調も最近は良いようなので今日は二人でのんびりすることに。
ご飯を食べながら互いに情報交換。
e0175868_1927257.jpg


彼女は和小物の作家でもあるので私が考える「こんなんあったらいいんじゃない?」や
「こうしたら使いやすいかも?」など使用する側の意見を参考にしてもらえるとどうかな~と。
今年の秋の個展に出す作品の構想なんかもえらそうに聞いたりして(笑)。

日々の生活の中で使えるちょっとおしゃれな小物づくりが得意です。秋の個展が楽しみ。
(私も受付&スタッフとして参加する予定です。日程が決まり次第お知らせしますね)

互いに「教室を持ち、教える」という立場を経験しているので様々な面で「話が早い」(通じる)間柄。
これからの展望も語り合いました。
で、結論は「今」を思うがままに生きる」。やっぱりこれしかないよね?

そんな訳で明日から「東京」で気になる事を体験してきます。今度は「何?」って思っているでしょ?
それが今後どう自分に繋がるのかなんてことはわからない・・・だけど見てみたいし、試してみたい。
ただ、気になることを自分の納得するまで経験してみたいという好奇心。
ワクワクが好きなだけ。次から次へと懲りません(笑)。

昨日は「ハナトコ」のランチで元気チャージし、午後は清らのあんみつでご機嫌に。
e0175868_19501698.jpg

e0175868_19504615.jpg

e0175868_19512836.jpg

たくさん食べたので夜は家族のご飯を作りながらの味見だけにしました。
食べ過ぎないと身体が軽いような気がします。
一日の食のバランスと週単位でのバランスを見ながら「食養生」続けたいと思っています。

飽きずに出来るかな・・・・。(^_^;)
[PR]
by yume_reve | 2013-02-22 20:01 | 時々日記 | Comments(0)

食卓マクロビ化

『食』への興味が尽きない私・・・。最近のマイブームは「マクロビオテック料理」。

マクロビオテックとは古くからの人類の普遍の知恵や法則を、今の気候や環境に合わせて
活かすことで心身を高めていく方法とあります。
そのなかの「食養生」がマクロビオテック料理です。

マクロビオテックの食養生のキーワードとしてあげられているのが下記の4つの言葉。

「身土不二」(身体と環境(身土)は不可分(不二)である)
暮らしている土地で旬のものを中心に食すればその場に適応し、季節の変化にも身体が順応する。
「医食同源」(食は命なり)
「一物全体」(部分食ではなく全体を食べる)
「陰と陽」(すべてのものに陰と陽がある)

薬膳と重なる部分あり、全く違う考えもあり、ちょっと混乱気味ですが身体と心を整える
「食養生」という考えは一緒。(中庸という考えも同じ)
両方を学びつつ自分の身体にあった「食養生」を見つけたい!なんてことを考えています。

薬膳もそうですがまずは自分の身体の状態を知ることから始まります。
薬膳的に診ると私の身体のタイプは「血虚」(血が足りない)
マクロビ的には「陰」タイプでした。(陽のものを取り入れてバランスをとらないと!)

食べ物の陰、陽を知ると確かに陰のものが好きでたくさん食べていました(冷えるはず)
一物全体ということから主食は一粒完全栄養食である「玄米」をマクロビオティックでは勧めています。
まずは主食を玄米食に切り替えてみました。

元々玄米は嫌いじゃない、というよりどちらかというと好き。(夫は嫌いみたいですが)
息子も玄米好き。(白米はもう要らないとまで言ってます。夜食も玄米おにぎり)
浸水時間があるので少々面倒ではありますが美味しいので苦になりません。

本やネットで研究し、好みの炊き加減にできていたと思ってましたがここで食べてショックを受けました。
「モモカフェ」。ランチメニューは日替わりです。(なくなり次第終了)
e0175868_21331067.jpg

うちより「美味しい」・・・。炊き方を聞いて実行したけれどやっぱり違う(T_T)
圧力釜の圧が違う? お米の種類もあるそう(後で聞いたら米の種類は違ってた)

でも、うちで美味しく炊けないと・・・で、あちこち調べてお試し中。
最近見つけたこの本に土鍋で炊くのが一番とあったので炊いてみました。
右側の本です。(この方凄いです。でも真似できないかも)
左側の著書の奥津典子さんは今私が一番興味があるマクロビオティック指導者です。
e0175868_20233577.jpg

土鍋で炊いてみました。(カニ穴も出来て成功)
e0175868_2029465.jpg

普段は圧力釜で炊いているのでもっちりですが土鍋はパラパラしてあっさり。
玄米は白米より消化が悪いのでよく噛んで食べていますが同じように食しても
土鍋で炊いた玄米を食べた後は胃が重い感じ。
圧力鍋で炊いた玄米のほうが私好みだとわかりました。ただ、今は冬、圧力鍋で
炊いた玄米は「陽」のチカラが大きくなるので「陰」の強い私には美味しいと感じるのかも。

残った土鍋玄米をキャベツとスプラウトを合わせてチャーハンにしてみました。(味付けは塩麹)
(まあまあかな。 息子にはキャベツ臭いと不評でしたが)
e0175868_20441932.jpg


うちでは玄米食。外では好きなものを好きなだけ~(^^)(一応は選んで食べてます)
先日友人と行った大子の日帰り温泉旅行?では別の友人オススメのけんちん蕎麦!
e0175868_20482292.jpg

このけんちん蕎麦、本当に美味しかった!汁もほぼ飲んじゃった。
水車がある店です。
e0175868_20504297.jpg

たらふく食べてお風呂に入り(ホントは良くない。食休みしてからがベストです)露天風呂を
堪能した後は近くのカフェでケーキとお茶タイム(眺めの良い場所にあるので次回は春に来たいです)
船納豆や湯葉屋さんに寄って試食~(もちろんお土産も買いました)

湯葉屋で頂いた「おから」でポテトサラダを作ったらこれがとっても美味しい!!
おからを裏ごしする手間がありますが絶品です。(ここのできたて「おから」だからかも)
美味しすぎて食べた後に写真を撮らなかったと気付きましたが時、すでに遅し。

『オンリーーワンの食養生』・・・・・まだまだ道のりは遠そうです・・・・。
[PR]
by yume_reve | 2013-02-16 21:38 | 時々日記 | Comments(2)

金継ぎ教室

友人に誘われて「金継ぎ教室」に行ってきました。
以前から興味はありましたが東京まで行かないと習えないと思っていたら・・・水戸で習えた!
しかも手軽な方法で金継ぎができると聞いて行かない手はないでしょ(笑)

震災で骨董や海外ブランドの食器の殆どが壊れてしまい、大量に処分。
でも、ほんのちょっとだけ欠けたもののいくつかはとっておいたのです。
どんなに高価なものでも少しでも欠けたものは食器としてはNG.
なんとか案を出して別の用途につかってみましたがいまひとつ・・・(だってやっぱり食器だもん)
ひっそり戸棚の奥に「思い出」としてしまわれていました。

そんな食器達でしたがよみがえりましたよ~!
しかも思っていたより「よみがえり作業」、簡単でした!

欲張って思いつく限りの食器を持ち込んだ私に先生が一言・・。「初めての方はまず一つを丁寧に」
「はい」と言いつつ作業開始。
e0175868_10163864.jpg

欠けた部分をよく練ったパテで元のカタチになるように埋めていきます。(この作業重要)
e0175868_10201034.jpg

パテが乾いたら紙やすりを水につけながら丁寧に表面を磨きます(指の腹で確認しながら)
更にもっと目の細かい紙やすりで滑らかになるまで。(この時点でほぼ8割完成状態にしておくこと)
水気を拭き取り漆を塗ります。(本漆はかぶれるのでそうでないものを使用)
漆が完全に乾く前に金粉をはたきます。(真綿でポンポンと)
完成~。(一週間程置いてから使います)
e0175868_10205094.jpg

2時間のレッスンで7枚も修復。
e0175868_1022347.jpg

次回はもう少し丁寧に作業して技術向上を目指します!

実は誘ってくれた友人は仕事の都合で来られず・・・・・。
なので完成した作品を持って自慢しに行きました(笑)
ついでにここで早めの夜ご飯。カフェ「清ら」のチキン定食(別の友人のお気に入りです)
e0175868_10283534.jpg

日曜は6時で店じまいなのに遅くしてしまい申し訳なかったです。
陶芸家のSさんともお話が出来て良かった。 お世話になりました。またよろしくね。
[PR]
by yume_reve | 2013-02-11 10:34 | 時々日記 | Comments(0)

選択出来ない・・・

午前中の用事を済ませた後はず~~~~っとネットサーフィン三昧の一日でした。
何をそんなに見ていたのかというと「食」に関する情報。

検索ワードは「玄米」、「マクロビ」、「酵素」、『薬膳」の教室やブログなどなど。
あまりにもたくさんありすぎて自分が欲する情報を選択するのが至難の業。
更に見つけた情報を一から見るのに膨大な時間が必要で・・・・(途中疲れて3時間程昼寝)

先程まで調べておりましたが結局『選択できない』自分を発見・・・・。
情報がありすぎて自分が望むものや欲するものの基準がわからなくなりました。
ダメだこりゃ・・・って感じです。

こういう時は頭で考えることを一度止めて思うがままに過ごして頭や身体を開放しないとね。
昼間だったら庭仕事をするとか、植物や木のある所へ行くとかが私には有効ですが今は夜~。
夜は思考が陰になるので大好きなお風呂にゆっくり浸かって、もう寝ます!(寝るのも大好き)

最近私と息子は玄米食。美味しいから食べてるけど「玄米」にも色々うんちくがあるみたい。
でも美味しくないご飯はどんなに良いとされるものでも私には意味がないし、
逆にストレスになる気がします。
シンプルで美味しくて飽きの来ないおうちゴハン。 理想は清らのランチ?酵素玄米定食。
e0175868_2234160.jpg

(火曜日に笠間の「心華」のかよさんと食べました。彼女はご飯おかわりしてた!)
お店には年末一緒に作った「花餅飾り」が。昔のお雛様が良い感じ。
e0175868_2272270.jpg

e0175868_228527.jpg


一昨日はマダムのお宅にお邪魔してました。
買ってきた油揚げを煮てもらいました。(すごく美味しいです!無理やりでしたね。ごめんなさい)
e0175868_22134597.jpg

しかも全部お持ち帰り・・・・太っ腹、いえ、心の広いマダムの人柄にいつも感謝。
百聞は一見に如かずとはよく言ったもの。 コツ、覚えました!

有難うございました。

追加連絡事項
ETWのメンバー様、今月の勉強会の後、ランチ会の予定です。(場所はヌーボーになりました)
勉強会の会場は我が家ですが今回は持ち寄りはありません。(ほっとした?(^^))
久しぶりに皆様のお顔を拝見できるのを楽しみにしています。 気をつけていらしてくださいね。
[PR]
by yume_reve | 2013-02-08 22:21 | 時々日記 | Comments(0)

母キタル

先月末から母が来ておりました。
恒例の祖父の『命日祭』に一緒に参加するためです。

ここのところ練習も兼ねてお出かけは殆んど「着物」。
命日祭のこの日も着物でGO!。その後のランチは「ヌーボー」へ。
母の好物の牛のたたきや牡蠣のソテーを頂いてきました。

お店はひな祭り仕様でとてもステキでしたよ。
e0175868_18140100.jpg

e0175868_1832564.jpg

デザートとコーヒーを頂いていたら友人からのメールで我が家に向かっているとのこと!!
慌てて帰宅~(゚∀゚ノ)ノ
なんと同時に到着でした。

着物支度の後のちらかっている部屋に上がってもらい、しばしお喋り。
お茶の用意をしている間、母がお相手をしてくれました。
私はというと着物姿にタスキがけ・・・・昭和の母のような姿で・・・たまには新鮮?(^^)

翌日母を実家まで送った夕方、本屋に寄ったらこんな本がありました。
e0175868_1814192.jpg

昨年から酵素にハマってる私としては見逃せないタイトル!もちろん購入です。

毎朝食事の前に自分で作った「酵素ジュース」を飲んでますが更に酵素摂取量を上げるためには
どんなものをどんなカタチでどういうふうに摂れば良いのかが詳しく書かれています。

酵素は生のものにしか含まれていないので「生食」がベストなのはもちろんですが
いくら良くても偏り過ぎ、摂り過ぎはダメ。
無理なく続けられるバランスは生のものと加熱処理したものを半々にすると良いとあります。
身体が冷えやすい方はブラックジンガーティー(遠赤焙煎の玄米と黒大豆のお茶)や
ジンジャーティー、梅醤番茶などを飲むと良いそうです。

食べ方にも酵素を取り込むのに効率のよい方法があります。それは「すりおろす」こと。
同じ大根を食べるのにもそのまま食べるより酵素の量が数十倍になるとか。
すりおろすことにより細胞膜が壊れて、酵素が活発に働くようになり、更に消化にもよいので
体内の酵素を消化のために無駄に使わなくてすみます。

同じ原理で今流行の「スムージー」もそうですね。こちらはジューサーなどを使用しますが
一つ大事な点があり、低速のジューサーやミキサーでないと撹拌するときの摩擦熱で酵素が
死んでしまうことがあります。 そしてすりおろしもスムージーも作りおきはNG.

どんどん酸化するのですぐに食べないと努力が水の泡に・・・。
最近の研究では胡瓜のすりおろしには脂肪分解酵素が大量に含まれていることがわかったそうです。
(夏にわかっていればねぇ・・・・。薬膳的には胡瓜は夏の食べ物で身体を冷やすんです)
今まで果物は食後に食べたりしてましたがこの本を読んでからは食前に摂るようにしています。

そして薄々は感じておりましたが「ショ糖」(お砂糖)はやはり酵素の「敵」だそう。
ショ糖は腸で細菌の餌になると白血球やマクロファージという細胞がショ糖を食べた細菌を
退治してくれますがその際に膨大な活性酸素がうまれます。
活性酸素がシミやシワ、慢性病や難病の元となるのは様々なところで言われていますね。

健康な方は摂り過ぎなければ大丈夫とは思いますが何らかの疾患をお持ちの方ははちみつや
麦芽水飴、米飴などを少量使うと良いとありました。

そして驚いたのは妊娠中の母親の食生活が生まれてくる子供の酵素の量を決めるとあること。
(酵素は遺伝子と深い関係があるそうで、1958年に発表されたそうです)
妊娠中は出来るだけ生食を増やし、ショ糖を控え、ビタミン、ミネラルの豊富なメニューで
酸化しにくい良質な油を上手にとることが大切ですね。

つい最近、生徒さんから妊娠の報告をいただいたばかり。
凄く望んでいたので願いが叶い、私もとっても嬉しいです。
つわりが落ち着いたらいらしてね。 

我が家もお雛様を飾りました。 娘が生まれた時に両親が贈ってくれたものです。
飾られたお雛様に母も目を細めておりました。 毎年飾ることも「親孝行」かな?
e0175868_19165917.jpg

[PR]
by yume_reve | 2013-02-03 19:25 | 時々日記 | Comments(0)