<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

美味しいもの いろいろ

一昨日は雨の中を郡山まで美容の勉強会に。
会場のホテルの中のレストランで食べたカレーが美味しかった!
そして盛り付けもおしゃれ。 今度うちでも真似してみようと思います。
e0175868_118017.jpg

水戸に着いてからはロシア料理の「キエフ」でボルシチを。
e0175868_1212150.jpg

中山先生にビーツを頂いたので料理の参考にと「ボルシチ」を選びましたが・・・こんなんだった?
(別添でビーツのピクルスとサワークリームがついてました)
そして今日は薬膳講座の後に友人たちとヌーボーで「松茸パスタ」。
焼いてからオーブンで蒸し焼きにすると松茸の香りが更にひきだされるのだそう。
e0175868_1235492.jpg

デザートはいちじくのタルト(友人)とりんごのケーキ(私)(どちらも美味でした~)
大大大好きな酒粕のアイス付き!
e0175868_1261512.jpg

e0175868_1264691.jpg

その後は秘密の場所2箇所へ。
ひとつめの場所では「クコの実取り」(童心に返って張り切りました!着物でしたが・・・)
もう一つの場所ではまたまた「酵素の材料』を頂いちゃいました。(&とりたての白魚も!!)
写っているのはフェイジョアです。まだ未熟果ですが材料としてならok
e0175868_1303547.jpg

白魚は生で少々、後は天ぷらにして美味しく頂きました。

明日は宇都宮へ。 お出かけが過ぎてうちの中が荒れてきた~~~~・・・・・。
とりかえしがつかなくなる前に片付けないとね。
やりたいことはいっぱいあるけど身体はひとつ。 片目をつぶりながらやることにします(笑)
[PR]
by yume_reve | 2012-10-30 01:45 | 時々日記 | Comments(7)

酵素 仕込み完了

お陰様で無事に『秋の酵素作り講座』が終了致しました。
それぞれが自分好みの配合で仕込んだ『手づくり酵素』です。

当日はスタッフは10時集合。 お昼用意班、会場作り班、お迎えと担当別に準備です。
11時に到着した中山先生とミーティング。(注意事項や作業の流れを確認)
美味しいお昼を頂きながら和やかに時間が過ぎていきました。
そのお昼は・・・・
マダムのダイナミックな炊き込みご飯&お漬物
e0175868_13132896.jpg

e0175868_1432149.jpg

K子さんの黒豆のスパイス煮(リクエストに応えてくれました)
e0175868_13144878.jpg

私は蓮根と里芋の甘酢あんかけ、小魚とナッツの蜂蜜がらめ、秋のフルーツサラダの3品を用意。
あんにフェンネルシードを入れてアクセントをつけてみました。緑のものはクレソンの茎の素揚げ。
e0175868_13172728.jpg

味付けははちみつと醤油のみ。 ついつい手が伸びる美味しさです。マダムから伝授。
e0175868_13183954.jpg

柿やりんご、大根などがたっぷり。 秘密の玉ねぎドレッシングが美味しさの決め手!
このサラダは有元先生から。中山先生が気に入ってくれました。
(りんごがはいったサラダで初めて美味しいサラダに出会ったと言ってくださいました)
e0175868_1320265.jpg


講習会は1時から。マダムのお宅から歩いて5分の公民館です。
今回の参加者は26名、見学者5名の計31名でした。
中山先生のホームページに水戸で開催と載せたら問い合わせがすごかったとのこと。
(すでに人数を締めきっていたので慌てて掲載を削除したそうです)
熱心に説明をしてくださる中山先生。
e0175868_13352769.jpg

講義を受けている間に酵素液に材料を漬け込みます。(30分~1時間以内)
(農薬を除去するためなので切り口があるものやきのこ類など染みこむものは除きます)
e0175868_13364591.jpg

材料はエキスを出しやすくするため繊維に直角に切ります。
実もの(ブドウやナツハゼの実など比較的柔らかいもの)は指で潰して入れます。
木の実など硬いもの(栗、どんぐり、銀杏など)は包丁で半分に切ったり、たたいて潰します。
大根やカブ、山芋などは漬物臭くなったり、ぬめりが出るのででほんの少々、もしくは入れない。
穀類は一晩水に浸して発芽を促進させ成長点を酵素液に取り込みます。

あちこちからトントンと小気味の良い音が会場中にひろがります。(皆、真剣!)
細かいもの(木の実など)が多い私たちのグループは刻みに時間がかかり、見かねた見学者が
助っ人でお手伝いに入ってくれました。( 私の母も随分お世話になりました。有難うございました)

約4時間ほどで酵素作りは終了。 重い樽を積み込んでくれた男性2人に感謝です。
そして群馬から来て下さった中山先生、本当に有難うございました。(先生とのご縁にも感謝です)

さて、2日経ちましたが皆さんの樽の中はいかがでしょうか?
私の「酵素ちゃん」。初日(25日の朝、最初にかき混ぜた状態)
e0175868_140015.jpg

今朝(26日)のかき混ぜた状態。
e0175868_1411616.jpg

昨日は母と酵素樽を実家に搬送(笑)。帰宅が夕方になってしまいました。
その後荷物を取りに来た友人と思いがけず酵素談義。
お茶一杯のつもりがなんと深夜まで・・・。(気の合う友人との話は尽きないものなんですね)
植物図鑑まで引っ張りだしてもっと入れようともくもみ、知恵の絞りあいです。
(3人とも植物が大好き。 特に山の植物に興味大なんです)
e0175868_1472777.jpg

3人で材料を交換しあって集めたので種類はほぼ一緒。(それぞれ分量配分は違いますが)
入れた材料を書き出し合って互いにちょっと見つけた「抜け駆け」の材料をチェック。
どこで見つけたの~ずるくない?と攻めつつも笑顔なので友情にヒビははいらなかったはず?(笑)

出来上がるのがとても楽しみです。
中山先生も言ってましたが購入した材料ばかりでなく、山の木の実や果実などが入ると更に
効果が高くなるそうです。(自然のエネルギーは偉大ですね)

皆と材料を集める過程も楽しくて、毎日変化する樽を見るのも楽しい!
(友人は「可愛い」と表現してました)
この出会いを大切にしていきたいです。

追記
次回の参考のためにわたしが集めた材料リストを載せておきますね。(約70種)
㌘表記は最初の割合です。
最終的にはだいぶ変わっていますのでグラム数はおおよその目安にしてください。
(味重視で果物(特に柚子系)を多く配合しました。)
種類を追加したい時は入れたい材料の1,1倍の砂糖も追加してください。
日にちがあまり経たないうちに追加したほうがいいです。(発酵速度が違ってくるため)
そして配られた冊子をよく読んでくださいね。 保存用の珊瑚の購入先なども載っています。
保存は食品専用の溶け出さないプラスチック容器かガラス瓶(これがベスト)で常温保存でokです
e0175868_14395032.jpg


ちなみにあの美にこだわりの「嶋田ご夫妻」も手作り酵素を愛飲しているそうです。
[PR]
by yume_reve | 2012-10-26 14:40 | 時々日記 | Comments(0)

酵素教室 準備

少しづつ集めていた『秋の酵素』の材料がやっと今日で揃いました。
笠間の友人宅の屋根にまで登って取った銀杏や棘が刺さって取るのに難儀したカラタチの実、
藪の中を捜したむかごやら、友人が苦労して採取したつる小豆やあけびなどなど。
約50種類を揃えることができました。
e0175868_23162457.jpg

集めた種類の約半分ははあちらこちらから採取したもの。
いろいろな苦労もありましたが皆で手分けして集める作業自体もとても楽しかったです。

収集最終日はマダム宅へ。
広い敷地の中には様々な果実が!(お言葉に甘えて伺いました)
まずはザクロと柚子から。
e0175868_22495956.jpg

次は栗へ。木になっている栗を棒ではたき落としてます。
e0175868_22522160.jpg

そしてカラスウリも。
e0175868_22535560.jpg

最後は葡萄。
e0175868_2255169.jpg

皆、すっかり童心にかえって嬉々としておりました。
e0175868_22572939.jpg

e0175868_22575672.jpg

一人分づつ分けています。 絵になる美しさ。
e0175868_2259039.jpg

いよいよあさってが本番です。 群馬から赤ビートや雑穀なども届きました。
e0175868_234192.jpg

私は明日は美容の勉強会。 一日お出かけです。
 
参加者の皆様、材料集めが大変でしょうが頑張ってくださいね。
雑穀とビートは用意されているのでそれぞれが用意するのは8、8キロです。
エプロン、包丁、まな板、タオルをお忘れなく。 飲み水は各自で用意をお願いします。
では24日、1時に。


追記
問い合わせ多数のため私が集めた材料をお知らせします。(参考まで)

りんご 紅玉など酸味があるもののほうが味が良くなります。 何種類か選びました。姫リンゴなども。
洋なし、和梨
花梨

レモン 国産レモンのみです(レモンはたくさんれると身体が冷えるので1個)
柚子 青いものと黄色いものを合わせて10個ぐらい用意しました。
(柚子はたくさん入れても冷えません)
すだち、かぼす、みかん
カラタチの実
ザクロ 美容に良いです。
プルーン ドキドキファームにまだありました。
キーウイ 国産のなるべく固いものがベスト。
葡萄 種ありのもの(種無しは薬剤処理しているので不可)
人参
ハヤトウリ、菊芋、生姜、
カラスウリ、あけび、むかご   山で採取。
椿の実(やぶ椿などにあります)
ナツハゼの実、南天の実、銀杏。
落花生 必ず生の殻付き落花生を。 殻は外して中身を使います。
カボチャ
栗 鬼皮ごと持参してください
イチジク 熟しているものの他に青い未熟果でもok
里芋 ぬめりが出るので1個ぐらい
食用菊 黄色や紫など色が濃いものが良いです。 天然色素が効果あり。
しめじ 他にしいたけやエリンギなどもリストにありましたが私は味重視の為しめじのみ。
さつまいも たくさん入れると焼酎のようになりやすいので少々。
レンコン、じゃがいも
フェンネルの種 庭にあったので。 フェンネルンはハーブ。 香りが強いので少々。
カマツカの実 これも庭から。 セイヨウカマツカですが多分大丈夫かと。
つる小豆は友人から。(これも野草です。レアな野生の小豆)
 その他に先生が用意してくれた雑穀9種、赤ビート、ハトムギ、青唐辛子など。

これらでおそらく50種~55種ぐらいにはなると思います。
たくさん入れれば効果は高いそうですが無理せず30種類ぐらいでも大丈夫。
材料は全て国産のものです。 キーウイなどは特に産地を確認してくださいね。

たくさんお電話、メールを頂いてます。 今日は12時から5時までは☎、メール対応はできません。
ごめんなさい。 みんな、頑張れ~。
[PR]
by yume_reve | 2012-10-22 23:15 | 時々日記 | Comments(0)

癒しご飯

日立の先の奥深い山の中に住むSさん宅でお昼を頂いて来ました。
月に一組だけ予約でお昼を受けています。

8年程前から時々伺っていましたが今年いっぱいで食事の予約はやめるとの連絡を頂き、
「行かなきゃ!」と急いで予約をお願いしました。
(何しろ山の上の集落なので冬になると雪で辿りつけないかも・・・と)

自給自足の生活をモットーとし、シンプルでありながら生活場の随所におしゃれゴコロがあり、
晴耕雨読という宮沢賢治のような潔い暮らし方を実践なさっています。

Sさん宅に行く目的は美味しい玄米食を頂くこともそうですが「自分をリセット」するため。
忙しさや物欲に支配された『こころ』を見つめなおし、軌道修正するのに最適なんです。

自分たちでつくったという家の中心にはノルウエーの薪ストーブが。 トナカイの絵が素敵。
e0175868_1758023.jpg

食事は玄米が中心の自然食でメニューのひとつひとつが手間のかかるもの。

ゴボウのポタージュ。 仕上げに入れた生姜汁が身体を温めてくれます。
e0175868_17595011.jpg

サーモンの酢漬けのサラダ。 レンコンやわかめなど様々な野菜が入ってました。
e0175868_1812935.jpg

手作りの味噌漬け豆腐、グルテンの煮物、ルッコラのおひたし、大根のあえもの、人参マリネなどなど。
e0175868_1831488.jpg

このあと秋鮭と野菜のレモン蒸しと玄米ご飯が出たのですが食べるのに夢中で撮り忘れました。
ごめんなさい。
デザートはアーモンドケーキ。このケーキ凄く美味でした。
e0175868_18163385.jpg

久しく手作りのケーキを食べていない私。、素朴なのにコクがあって感動!
こういうお菓子を少しだけというのも悪くないな~なんて思ってしまいました。

彼女の作る「ルバーブのタルト」も絶品です。 大好き!
(日立市内のアーリーバードという喫茶店で購入できるそうです)

特別にと、もう一品デザートを用意してくれてました。 (これも撮り忘れた・・)
抹茶と小豆のババロア。 葛と寒天、玄米水飴を使ったというババロアはなめらかで
優しい味。トッピングされた煮小豆と合って美味しかったです。

出される食事の殆んどはマクロビオティック系ですが厳密でなく自分たちの
身体が欲する自然食と捉えているそうです。
ケーキだけは生クリームやバターを少々使うとのこと。(ケーキらしい美味しさになる)

「きっとこんな暮らし、好きだろうな」と思って誘った友人はやはり凄い衝撃を受けたようで
物静かな彼女がいつになく興奮気味なのを見てニンマリ。(だよね~。私もそうだったもの)
彼女とS宅はわりと近いのでこれから良いお付き合いができるといいな~と思っています。

そして山のお楽しみもうひとつ(笑)
山野草をみつけたり、水辺を散策すること。
山歩きが趣味の3名はそれぞれ目的をみつけてガサゴソと山の中へ。(S宅のすぐ後ろが山です)
(洋服が植物の種だらけになり、大変なことに!!)
(イノシシの子供(ウリボウ)がいた!)

更科ショウマやトリカブト、シラネセンキュウの花を少々摘ませて頂きました。
e0175868_18401873.jpg

e0175868_1841011.jpg

トリカブトの花は図鑑と違ってまばらな感じ。濃い紫で綺麗です。(根に毒があるので注意)
e0175868_1842233.jpg


私はS宅の庭先のような土手の所でシダを採取。( 葉の裏に胞子がついてないタイプ)
(見ていた友人にすごい格好で取っていたねと言われました)
土手から2度ほど転げ落ちたけどしっかり皆の分まで収穫したのよ。 褒めて!

楽しかった~。     運転手のS様、お疲れ様でした&有難う。

来週も予定は目一杯。 24日はいよいよ『秋の酵素作り講習会』です。


参加予定の皆様、準備はいかがですか?
あけびや花梨、カラスウリなどは傷まなければ数日前に収穫しておいても良いそうです。
シイの実などはひとつかみを目安に。 様々な種類のものを入れると効果が高くなると言ってました。
材料集めが大変でしょうが「自分だけの酵素」を作る為に頑張ってくださいね。  
[PR]
by yume_reve | 2012-10-17 19:12 | 時々日記 | Comments(0)

銀杏拾い

笠間の天真宅に銀杏拾いに行って来ました。
e0175868_23445157.jpg

『銀杏拾い』は初体験! 「臭い」と敬遠してました。
なのに何故?かというと今回「秋の酵素」を作るのに材料としてどうしても入れたくて。

屋根に落ちた銀杏をほうきで掃いて落としてくれている天真さん。
樹齢25歳のイチョウの木はたわわに実をつけていて、これからまだまだ落ちる様子。
e0175868_2371887.jpg


「茗荷もあるから持って行って」と今度は茗荷ポイントへ。(手前はミニトマト収穫中のK子さん)
e0175868_23184837.jpg

茗荷が葉の上についてると思っていたというIさんは初めての茗荷取りに大感激!
しかもたくさんあるので皆夢中!採り尽くした跡はまるで熊が出たかのような有り様(笑)。

広い庭にはミニトマトや果樹もあり、それぞれが自由に散策しながら採取。
「大好きなの~最近はなかなかできなくなって」と焚き火を始めるK子さん・・・(楽しそう!)

ひとしきり楽しんだ後はテラスでお昼ごはんを頂きました。
福井県の新米で炊いたという塩小豆いりのおむすびや角煮、胡瓜の麹付け、秋のフルーツ・サラダ
デザートは6時間土鍋で炊いた大納言と栗の蜜煮&白玉。
サラダの上には摘みたての茗荷と茗荷の花もトッピング。(このあとスープも登場)
コスモスが揺れる秋の風景を眺めながら美味しく頂きました。
e0175868_23353094.jpg


帰宅してからは早速銀杏の処理に取りかかり、なんとかキレイに洗いあげて干すところまで終了。
e0175868_23385356.jpg

頂いた茗荷もTVでやっていたという調理法を試してみました。(オカズというよりツマミですね)
(相変わらずハマっている青唐辛子を刻んでのせてみました)
e0175868_23405969.jpg

そしてベランダで一晩乾かした銀杏を今朝、お味見してみたら・・・こんなにキレイな翡翠色!
e0175868_23432117.jpg

味も濃くてすごく美味しい銀杏でした。

「また、拾いに来てよ。全部落ちたら連絡するから」と天真さん。 お言葉に甘えちゃおうかな~。
自然の中でとっても楽しかった。そしてリフレッシュ効果も満点。
心豊かな時間を有難うございました。 
[PR]
by yume_reve | 2012-10-12 00:11 | 時々日記 | Comments(0)

日々わかること

教室を閉めて4ヶ月。
今まで習慣のようにしていた毎日の様々なことが「「しなくてもok」になったり
出かけてしまうためにできなくなったり。
そんなことが続くようになると『どう変わるのか』がよくわかるようになりました。

①、リビングが片付かない(何故なら片付ける私がいつもお出かけ)
②、台所が散乱している(上記と同じく)
③、花をあちこちに飾らなくなった・・・(家族が花に関心が無いため自分好みのシンプルな野の花に)
④、お菓子やデザートが要らなくなった(お菓子作りに興味がなくなり食べたいと思わなくなった)
特に顕著なのが④、普通の家にはバターや生クリーム、グラニュー糖は必要ないのね。
18年も自分がレシピを作り、教えてきたなんて信じられないくらい「お菓子」から離れています。

今までほとんどの時間を家で過ごしていたのであまり気が付きませんでしたが主婦がうちに居ないと
家の中ってどんどん無法地帯になっていくのね・・・。
しかも出かけている時間が長ければ長いほど疲れて帰るので「ヤル気」は失せていく・・。
皆が片付かないと言っていたのが何故なのか理解できました。

「おうち」が好きな私がお出かけする理由のひとつは新しい仕事の為、そしてもうひとつは
夫が家に居るので出かけたくなる(笑)ということ。(多分、夫も同じ気持ちかも)
ずっと家は私のテリトリーでした。 でも今は縄張りを荒らされた犬の心境・・(ちょっと大袈裟?)

昨日も夕方からミーティングがあり帰宅したのは夜11時・・・。(洗濯物を片付けるのがやっとです)

でもね、今日は一念発起! こんな暮らし方は本意ではない!できる片付けから始めました。
まずは大量の食器の始末。(教室用は処分品と据え置き品に仕分け)
台所は賞味期限切れの乾物やスパイス類の処分。
洋服も思い切って処分!(以前と服のテイストが違うため)

なのにたまにはこんなの着てみたいと買ってしまった華やか色のパンツ。(ローズ・レッド)
e0175868_17581710.jpg


カラーで言うとサマーの色ですがはきたい気持ちが優先だからok)

友人に話したら「どこで着るのよ?」と。
どこでも着ちゃうわよと豪語しましたがどうかな~。
ヒールを合わせて大人可愛く&ちょいセクシーに着たいです(笑)
(色で目立ちそう。 洋服に負けないニュアンスのある着こなしを目指さないとね)

ずっと家でのお仕事だったのでオシャレは『エプロンで』みたいな感覚でしたが
外で様々な人と会うことが多くなり自分なりに装うことが楽しくなりました。
出会う方々にも随分刺激を受けています。(特にマダム)

先日プラザで開催された「メガネフェア」にも今までとは違う装いで。
お誘い頂いた生徒さんにも好評?でした。

サングラスを購入されていたUさん。 すごくお似合いでした。
私もかけてみましたが大きすぎるような気がして・・・。
買えば良かったかな~。 このパンツにサングラスかけて出かけたら誰も気づかないかも。
そんなことを想像してひとりニヤニヤ。(怪しいよね)

11時からのメガネフェア、2日続けて来場・・・。しかも2日目は友人が次々と来たので5時までいました。
お昼も食べずに皆でメガネ談義(というよりたくさんのメガネをかけてははずしの繰り返し)
プラザでのメガネフェア、敷居が高いと思っていましたがこんなに楽しめるとは!
購入後はテラスで「アフタヌーンティーセット」を頂きました。
e0175868_18395040.jpg

ケーキが甘すぎて食べられず・・・(身体が要らないっていってるのかしら?)
お喋りを堪能して帰りました。 久しぶりに生徒さんたちとゆっくり会えて良かったです。
また機会を作りましょうね。
[PR]
by yume_reve | 2012-10-07 18:41 | 時々日記 | Comments(0)

天真庵

互いに会いたいという二人を引き合わせるため「懇親会」をセッティング。
台風でどうなるかしらと心配する友人に「晴れ女」だから大丈夫!と。
(晴れすぎて暑くて困ったぐらいのお天気になりました)

場所は「天真庵」。いつものお約束でそれぞれに料理を持ち寄りました。
e0175868_23173952.jpg

美味しい料理がたくさん並び、ビール&ノンアルコールビールもスタンバイ。
私は唐辛子おむすびと絹揚げの炙り焼き、そして薬膳スープの「肉骨茶」の3品を用意しました。
「肉骨茶」とはシンガポールでよく飲まれているという薬膳スープ。
身体を温め、血の巡りをよくすると言われています。
e0175868_23221522.jpg

先週シンガポールに娘が遊びに行くというので頼んで買ってきてもらいました。
様々な漢方薬がブレンドされているテイーバックが入っています。
水にこれとスペアリブ、にんにく、ネギを入れて45分ほど煮込み、塩、ナンプラーで味を整えます。
簡単ですが「あちらのお味」になり、確かに身体が温まります。 これからの季節にピッタリですね。

昨日の料理で私がすごく美味しいと思ったのが「豚肉と黒豆の唐辛子煮込み」。
e0175868_23522097.jpg

k子さんが作って来てくれました。有元先生のレシピだそう。(彼女は有元ファンです)
甘煮以外にこんなに黒豆を美味しく食べることができるなんて驚き!
次回の持ち寄り会にもお願いとリクエストしちゃいました。
(先生のレッスンに行っている私が作らずにどうする?) 
(でもね、食べて会ってくるだけで満足しちゃうんだもん)

薄暗い灯り、邪魔にならない心地良い音楽、満月に照らされたテラスでの食事とお酒。
こんな「大人時間」を楽しめることができるなんて・・・幸せ。
マッチングさせたお二人も大満足。話が弾んでなかなか席がたてずにおりました。

深夜までお疲れ様でした。 天真さん、奥様、有難うございました。
[PR]
by yume_reve | 2012-10-02 23:45 | 時々日記 | Comments(0)