<   2011年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

逆ヘルプ

昨日より近所のスーパー「カスミ」が通常営業となり、
地震後初めて買い物に行ってきました。

いつもはお菓子の材料が豊富な「食彩館」ですが車が使えないので
必然的に歩いていける場所に。

驚いたのは2日前まではひとり3~6品までとか制限があったのに(主人談)
果物や野菜は豊富にあり、肉や野菜もそれなりに充実していました。

買い物客も落ち着いて購入しており、少しずつ日常が戻りつつあるのを感じました。
知り合い同士が「甘いものが食べたくて~」と話しているのを聞き、
「皆、そうなのね~」と思わず自分の買い物カゴを見てニンマリ。
はい、私も買いました。「ロールケーキ」!
e0175868_14565134.jpg

自分で作れば早いのだけれど残念ながら材料の卵や生クリームが品薄で購入不可能・・・。
でも、「モンデールのロールケーキ」今の私には十分美味しくて満足でした。
インスタントの珈琲とケーキでリフレッシュできること…有難いです。

庭のクリスマスローズもやっと咲き始めました(遅咲き?)
e0175868_1571549.jpg

シラーも満開に。
e0175868_15364566.jpg

自然は色々な顔を見せてくれます。
今回の地震や津波のような恐怖もあれば大地の芽吹きで和ませてくれたりも・・。
共存・・原発に頼らない自然と共存できるような新たなエネルギー開発が望まれますね。

世界中が今、そしてこれからの「日本」に注目しています。
私達一人ひとりの思慮と行動が「これから」を創るのではと期待しています。

今日は「逆ヘルプ」。
どういうことかというと被災者の私がそうでない娘の手助けを。

明日の資格試験のための振込がみずほ銀行から出来ないということで
こちらから送金の手続きを代行。(4時までに入金の確認が必要)
(娘のメインバンクがみずほ銀行。 なのでお金も下ろすことができなかったらしい)
こんなときのために預金を分けておくことも必要でした。

家事しかしていないのに何故か30年ぶりにものもらいもできた・・・。
健康だけが取り柄だったのに・・・。ストレス、あなどれませんな~。

皆様もどうぞお気を付けくださいませ。
[PR]
by yume_reve | 2011-03-18 15:38 | 時々日記 | Comments(2)

震災6日目

天気は晴れ。 まだまだ大きな余震が続いています。
風も強いので地震なのか強風なのか、はたまた車の振動なのか
わからなくなっております。

自宅の車のガソリンが無い為、外出もままならず、夫が会社の帰りに
買い物をしてきてくれています。

被災してから3日間は家族が一日の殆んどをリビングで過ごすという濃密な関係・・。
情報収集のためのラジオはずっとつけっぱなし、頻繁に来る大きな余震に怯えながら
暗闇の中で料理をし、余震のたびに辺りを気遣い、神経を張りつめて過ごしておりました。

普段はそれぞれ個別の部屋で自由に過ごしていたものですから次第にストレスが溜り、
4日目にはついに爆発!(私が)翌日から娘のいる千葉に避難する予定でした。

荷造りをし、出発しようとしたら起きてきたターに引き止められ…断念。
一緒に行こうと誘ったら「お父さんひとりにこの家をまかせられない」と言われました。
火の元が心配だとも。「火事でもだしたら近所に迷惑がかかる」・・ごもっとも。

夫はとても良い人です。ガソリンを入れるために8時間も並んで待っていてくれたり、
買い物もスーパーから電話で細かく聞いてきます。

気をまわして私の好きそうなものや息子の好物を探して買ってきてくれます。
(買ってきたから早く食べてといつも言われます。( 好きな時に食べるからいいの!)

あちこちで地震があるたびに娘が心配だの、あれはあそこに置いておいたら危ないだの
あーしろこーしろと・・・・(本人はアドバイスだと言ってます)

私と価値観やペースが違うのでとっても疲れます・・・。(たぶん夫も)
昨晩は胃が痛くて眠れませんでした。
リビングで寝る二人・・(夫&息子)
e0175868_15554028.jpg


普段一緒に暮らしている家族ですらこうなのですから被災地で集団生活を
余儀なくされている方々はいかほどのストレスを感じていることでしょう。

いつもノーテンキな私ですら、行動を制限された生活でこんな状態・・・。
(いちばんの危機は地震ではなかった?)

昨日から繋がったネットでなんとか気を紛らわしておりますが解決には至りません。

早く日常の生活に戻れるように、そして色々な事柄の見直しをし、
生活の充実をはかりたいと思います。

災害の備えとしてあると便利だったものを書き留めておきます。

スリッパ(ガラスの破片を踏まずに済みました)
懐中電灯&電池のストック(懐中電灯は家族分必要、小型で軽量の物が便利)
e0175868_1693587.jpg


カセットコンロ&ボンベ(ストック3本~6本)温かい料理ができます。
ダメになる前にとシシャモ焼きました。
e0175868_15525338.jpg


ひざ掛けぐらいの大きさの毛布(煮炊きした鍋をくるんでおくとかなり保温できました)

ラジオ(小型携帯用と据え置き型の2台あると便利)
これはターが小4の時に工作で作ったもの。(こんなところで役に立つとは!)
e0175868_16102432.jpg


電池式携帯充電器(500円でした。 1時間ぐらい使用可能)
e0175868_16115311.jpg


水(すぐに容器に溜めました。 非常用としてボトルを購入しても)

そして今回すごく役に立ったのがお風呂の残り湯(水?)
トイレ用にはもちろん、汚れた床を拭いたり、身体を拭いたりしました。
いつもはすぐに抜いてしまうのですがたまたま今回は抜いていなかったのが幸いでした。

キャンドル(深いグラスに入れて使用。 大きいものは炎が外に出るものが多いので危険です)
(グラスも光が反射するものでしたので多少なりとも癒し効果あり?)
e0175868_16123162.jpg


ホッカイロ(貼るタイプが便利)


軍手(様々な作業に使いました)
e0175868_1613209.jpg


湯たんぽ(暖を取るのに安全、便利)
カバーは長男のフリースの服を再利用。 普段から重宝しています。
(電気を使わない灯油のストーブがあると良いかと思いました。アラジンのようなもの)
e0175868_16135342.jpg


その他ビニール袋、タオル 救急箱 キッチンペーパー(厚手の物)など
(キッチンペーパーは雑巾がわりに使いました)

食糧は缶詰、乾物、珈琲、紅茶、お茶はもちろん、葱は庭に埋めておき
大根は米袋に入れておくと多少しなびますが2~3か月は大丈夫です。(外で保存・冬場))
e0175868_23521454.jpg

つくだ煮や梅干し練味噌、酢漬けなどの保存食も重宝しました。
(今後、保存食も色々チャレンジしてみたいと思います)

電話が繋がるようになりあちらこちらから連絡を頂いております。
ご心配頂き、有難うございます。

互いの被害状況などを一通り話した後で誰もがそれぞれに想うところの「反省」を
口に、そして、励まし合い、支え合うことの大切さを皆、感じているようでした。

この気持ちを忘れないように、そして行動に移して活きたいと思います。
[PR]
by yume_reve | 2011-03-16 16:01 | 時々日記 | Comments(0)

東日本大震災

震災から5日目、やっとネットが繋がりました。。
2日目までは携帯も繋がらずご心配をおかけしましたが、お陰様で家族は皆、無事です。

夫の部屋のドアが本棚で塞がれ、入ることができずにおりました。
漏電防止のため2階のブレーカーを落としていたのでネット不能の事態に。

住宅メーカーにすぐに連絡を入れましたがしばらくは無理と判断、強硬手段により
部屋に入ることとなりました。(修理代が怖いです)

3日目に電気、ガス、水道とライフラインが回復した時はほっとしました。
私たちの今の生活はこの3つ無しでは成り立たないということがよくわかりました。
特に「水」については今までの考え方を改めないといけませんね。
(日常生活に戻ってもこれは忘れないようにしたいと思います)


我が家のいちばんの被害は食器類。 4つある食器棚の2つは全てダメ。
(ターと私はとっさにそれぞれ食器棚を押さえてました。 一番危険な行為ですよね)

台所の食器棚はスライド式。グラスが幾つか割れただけであとは無事でした。
ただ、シンクの上の棚の扉がいっせいに開いて中のものが雪崩のように落ちてきました。

後ろを向いていたので気付きませんでしたが土鍋やアメリカ製の分厚い鉄板も・・・。
粉や砂糖が飛び散り、足元は踏み場がないくらいに散乱。
頭や身体をを直撃しなかったのが不思議なくらいです。
和室に置いてある食器棚から食器が飛び出して割れていく音がすざまじく、
今でも耳に残っています。

まさかこれほどの地震が来るなんてことは想像すらしておらず、
すぐに収まるだろうぐらいの甘い考えであったことは確かです。

安否の確認に来てくれた片岡じいじや隣のトモ君、見知らぬどなたかもけが人の確認に
廻ってきて来てくれました。(ありがたいですね)

昨日、じいじの言っていた言葉が頭を離れません。
「この辺の被害は御の字、北の海側の地域は存在すら無い」

揺れが収まった隙に撮った写真を記録として残しておきたいと思います。
e0175868_16375159.jpg

e0175868_1638582.jpg

重ねたボックスに入れてあった食器は皆無事でした。落ちているボックスは置いておいたもの
e0175868_16382677.jpg

この場所で食器棚を押さえてました。 今見てもぞっとします。
e0175868_16385099.jpg

シンクに落ちている黒い物体は土鍋・・・。頭上じゃなくて良かったです。
e0175868_163965.jpg

隣の家の瓦が落ちて車を直撃。
e0175868_16392325.jpg

庭側の家の瓦が落ちてくる音もすごかった!
e0175868_1785081.jpg

二階の婚礼箪笥の重い扉が吹っ飛びました。 金具がねじれています。
e0175868_1791497.jpg

余震がずっと続いているせいかいつも目が回っているような不思議な感覚です。
何をしていても集中できず、落ち着きません。

この災害が私たちに何を教えたいのかを深く考えねばなりません。
亡くなられたたくさんの方々のご冥福を祈りたいと思います。
[PR]
by yume_reve | 2011-03-15 17:34 | 時々日記 | Comments(6)

茨城「粋」尽くし

友人からの紹介です。

3月31日(木) 千波湖畔 旬彩和食の店「とう粋庵」にて
「粋夜会」イベントのお知らせ。
e0175868_181762.jpg


午後6時~イベント開始(提灯をかざして夜桜見物)
午後7時~食事&お話し、その後フルートなどの演奏あり
場所 とう粋庵2階
金額 一万円(要予約 50名)

ゲスト ビジュアルアーティストのミック・イタヤさん
    辻川 牧子さん(和楽舎 江戸楽校)

茨城の「粋」と「伝統」そして、Art&Dinnerということで
鈴木茂兵衛商店の水府提灯の灯りのもとで食事を頂き、音楽を愛で
さらに「江戸しぐさ」のショートトークと盛りだくさんの企画です。

「江戸しぐさ」研究の第一人者辻川牧子さんが「和」の町文化から
今にいきる言葉やコミニュケーションの妙をお話しくださいます。

興味のある方は「とう粋庵」まで。(029-305-7561)

梅、まっ盛りですがもう「桜」へと話題は移っていますね。
おとといの雪が「降りおさめ」だといいのですが・・・。

この時期、あちらこちらでのイベントに声がかかって少々気もそぞろな私ですが
やらねばならぬことも多々・・・。

浮かれる気持ちを抑えつつ試作に励んでおります。
サッパリと美味しいヨーグルトアイス! 
(お店で食べて作ってみたいと思っていました)カルピスアイスに似てるな~。
e0175868_18283735.jpg

桜を通り越してバラへ(季節を先取りしすぎ?)
e0175868_18302360.jpg

焼くとこうなります
e0175868_1831370.jpg

薄いピンクはイチゴで。 生地の色合いや絞りだしの硬さにこだわりました。
製作工程もバラがいっぱ~いで気持ちが華やぎますが・・・・・

e0175868_18372141.jpg

お味があまりよろしくないです(研究の余地多々あり・・なので却下)
このクッキー、果たして日の目を見ることができるでしょうか?
[PR]
by yume_reve | 2011-03-09 18:41 | 時々日記 | Comments(0)

いち乙女 

3月定例の「いち乙女」に出席してまいりました。
主催者の彩さんが故郷(九州)に戻ることになり「お別れパーティー」。
スペシャル構成ということで1部~3部まで全部参加!
1部は水戸芸術館で開催されている現代美術の鑑賞(解説案内付)
「クワイエット・アテンションズ 彼女からの出発」
e0175868_12163815.jpg

最初に案内されたのが芸術館敷地内のスピーカーの前・・・???
なんとスピーカーから流れる音楽(?)が作品。

スーザン・フィリップス 
「Did Dream You Dreamed About Me(せめて夢で私に焦がれるあなたと会えたら)」
e0175868_1394984.jpg

(とりあえずスピーカー、撮ってみました)

アカペラで自ら歌っております。 時代や空間、聞く人それぞれが楽曲の理解や解釈が
変わっていく歌の可変性を提示しているそうです。

受け取る側が持つイメージがそれぞれ違っていても、更に深く探ることにより
共通する何かがあることを発見したりするのが面白い・・と解説するKさん。


乙女たち・・・「そうなんだ~」(理解できておりません・・)
現代美術、奥が深い・・・。

1時間ほど廻ったあたりで緊急事態発生!
主役の彩さん、具合が悪くなり休憩。
(前日までの疲れと緊張、そして着物&美術鑑賞で脳が疲れた?)

私たちも休憩、と期間中開設されている喫茶「とびら」で珈琲を頂いていたら
梅ちゃんから別の会へのお誘いコールが。
美味しいお酒がたくさんあるとのことで私とYさん、いそいそと向かいました。

2部の夜梅祭の会場に早くも到着。(酔って撮ったので真っ暗ですね ゴメンナサイ)
e0175868_12581342.jpg
 
たくさんの人で賑わう中を何度も迷いながら辿りついたら…そこは日本酒天国。(笑)

モツ煮やもろキュウをつまみ、花火を眺めて美味しい日本酒をたくさん頂き、
乙女から呼ばれる頃には酩酊状態・・。(飲みすぎました)
(花束贈呈役を仰せつかっているのに大丈夫かしら?)

すっかりいい気分で3部に突入。(すでにお腹いっぱい&眠気で食事は隣の方々に)
e0175868_132211.jpg

心配されていた花束贈呈と個別の挨拶も無事に任務完了。
e0175868_1312055.jpg

(酔っていてもちゃんと喋れるのねと言われたので大丈夫だったらしい)
時計が10時を過ぎた頃には酔いも冷め、無事に帰宅となりました。

彩さんお疲れ様でした。「お別れ」ではなく「旅立ち」パーティでしたね。
「いち乙女」は彩さんが主催、九州行っても開催可能ですよ(笑)
こちらでの手配はメンバーが協力します。 
いち乙女(1日に集まる乙女の会)が
たま姫(たまに集まる姫の会、なんちゃって)になってもね(笑)

S様、飲み&食い逃げで申し訳ありませんでした。とっても楽しかったです。
次回は料理上手な友人&楽しい仲間たちと参加させていただく予定でおります。
モツ煮、絶品でした。 有難うございました。(梅ちゃん、よろしくお伝えくださいね)

追記 乙女のブログも紹介です

キホさん
マリアさん
デリカさん
主役のさん
kumiさん
ちゃん
Mieさん
[PR]
by yume_reve | 2011-03-06 13:37 | 時々日記 | Comments(6)

命の授業

昨日は友人からのお誘いで「命の授業(腰塚隼人)」の講演を聞きに。
定員460名が満席。(立ち見がでるほどの賑わいでした)

スキー事故で頸椎骨折、首から下がまったく動かないという状態から
復活されたということでしたが、壇上の姿は「普通」で
そんな状況にあったということが信じられないくらいお元気でした。

ただすべて以前と同じに回復したというわけではなく、不自由を感じるところも
多々あるそうです。

絶望の中にいた自分が、どのようにして奇跡といわれるほど回復したのか
そのきっかけとなった出来事や、自分が健康であった時は気付かなかった事、
理解していたはずの事柄が本当はわかっていなかったという事実・・などを
実体験を交えて語ってくださいました。

お話の中で私たちへの質問がありました。
「今、失ったら困るものを3つあげてください」

私があげた3つは「家族」「健康」「家」でした。
家族と健康は誰もが納得ですが何故私は「家」なのか?

とっさに思った答えなのでおそらく「家」は必要なのでしょう。
自宅に帰りよく考えてみました。

私の仕事は「家」が基本。
家庭で作るお菓子や料理、季節の室礼や庭の景色を愉しんで頂いてます。

友人、知人も集まるときは私の「家」がほとんど。
居心地が良くて帰るのが嫌になると嬉しいことを言ってくれ、長居します(笑)

「家」は私の発信基地、そして「住まい」という枠だけでなく自己表現の場。
だから「家」がでてきたのですね。

腰塚さんはこうも言っておられました。
「その3つは「今」あります。 そのことに感謝し、大切にしてください」

大切なものは無くさないとその価値に気付かないことが多いけれど
無くす前に気付いてそれを大切にし、感謝の気持ちを持つこと。

失って困るものは年代、状況によっても変わると思うので時々こうして
シュミレーションし、この気持ちを忘れないようにしたいと思います。

そして、復活のきっかけとなった人々との出会いと言葉。
自分の話を聞いて受け入れてくれる人の存在の素晴らしさ。

勇気や希望を与える言葉や行動を持つ人を「ドリームメーカー」と言うそうです。

「あなたは誰かの「ドリームメーカー」になっていますか?」
「あなたは大切な人に「感謝」の気持ちを伝えてますか?」

胸に刻んでおきたいと思います。
誘ってくれたk野さん、有難うございました。

今日は雛祭り。
我が家の大切な「家族」は揃いません・・・ので個別ちらしに。
e0175868_2214232.jpg

頂いたお乾菓子、和三盆好きのターが大喜びでした。 有難う。
e0175868_22153167.jpg

[PR]
by yume_reve | 2011-03-03 22:21 | 時々日記 | Comments(0)

フォロー女子会

今日は我が家で「フォロー女子会」を企画。
何かというとキレイになる為の情報提供&実践方法の指導です。(講師呼びました!)

集まってくださったのは同じスキンケア商品を愛用している方々5名(+2)
私が使っているのを見て、試してみたいと現在「キレイ」に向けて努力しておられます。

私も使い始めて3年(ぐらい?)・・・。洗い方が大切よと言われつつ、いつのまにか
自己流になったり、超乾燥肌なのでトラブルが起こるたびにアドバイスをもらったりと
ずいぶんフォローをして頂きました。

使い方にもだいぶ慣れ、肌の調子も落ち着いてきたので今度は私がお役に立てればと
時々「フォローの会」をと思ったしだいです。
ただ、様々な質問には答えられる経験が浅いので「講師」を招きました。

彼女は使い始めて13年。アイシャドーもチークも無し。肌はむき卵の知性派美人。
年齢は未だに未公表ですが私と違いはたいして無いと言っていたので
察するに40代後半でしょう。
(最近ほうれい線が出てきて気になるの・・なんて言ってます。 ドついちゃうぞ~!)

お陰様でとっても楽しい時間を共有することができました。
それぞれが悩んでいるところや気になるところ、また改善効果の報告など
ひとつひとつに「納得」。疑問は講師が説明&解消してくださいました。

お誘いした方の中には「ワクワクします。 楽しみ!」と返事を下さった方もおり、
「ワクワク感」はすべてにおいて大事だよねと再認識致しました。
ワクワク感を盛り上げるお花たち。
e0175868_2221135.jpg

e0175868_22213856.jpg


7人も女子が集まればそれは賑やか。
肌の手入ればかりでなく、身体のケア、筋力トレーニング、ファッションなどなど・・。
(女子は欲深で、貪欲ですな~)

喋りつかれた頃のお茶タイム。 「ボックスケーキ」を用意しました。
e0175868_2292313.jpg

簡単で見栄えがし、人数が増えても対処可能、誰もが好む万人向けのケーキです。
飾り付けをしたら楊枝を刺してラップをかけます。(クリームが崩れません)
e0175868_22134964.jpg


2時間の予定を30分オーバーし、解散。
雨の中、皆さんお疲れ様でした。 不定期ですがまた企画しますね。
講師のkさん、有難うございました。
(まだしばらくお世話になります。 お手数かけますががよろしくお願い致しますね)

明日はここへ。
e0175868_22304233.jpg

[PR]
by yume_reve | 2011-03-01 22:28 | 時々日記 | Comments(2)